30代 乾燥肌

 

30代の乾燥肌対策!20代に見える化粧水

カオ

30代になると、今までと同じスキンケア方法では肌は衰えていき、状態が悪くなっていくでしょう。肌に潤いやハリがなくなり、乾燥が気になってくることが多いです。

 

30代になっても、若々しくいつまでも20代の頃のようなハリ、ツヤのある健康的な肌であり続けたいという悩みを抱えている女性は増えています。

 

今回は30代の乾燥肌対策として、20代に見える化粧水の選び方についてお話しましょう。

 

乾燥肌対策がエイジングケアにつながる

20代でやってきた事が肌に出る

20代と30代と年代が変わると肌には大きな変化が出てきます。
20代のうちに「まだ若いから大丈夫」「多少の無理をしても肌にあまり影響が出ないから特別なケアはしていない」
と肌を甘やかしていると、30代に入るにつれ肌のトラブルを起こしやすくなってしまいます。
その代表的なトラブルの1つが「乾燥」です。
20代のうちにしっかりと保湿ケアをしていないと
30代に入ってから乾燥肌が進行し、肌のうるおい成分の減少へとつながってしまいます。
20代後半は肌のハリや弾力を保つコラーゲンや新陳代謝を促すエストロゲンの分泌量が減って来てしまいます。
きちんとケアをしておこないと30代に入った時にはさらに悪化してしまいますよ。

 

細胞間脂質セラミドが減少し乾燥肌の原因になる

うるおいのもとであるセラミドは加齢と共に減少していきます。
このセラミドは角質の細胞と細胞の間でサンドイッチをするように水分をはさみこむ性質を持っているのですが
このセラミドが減少してしまうと肌のハリが失われてしまい、肌全体が緩んだようになります。
肌が緩む=毛穴周辺の肌も緩む=だらんとしたたるんだ状態の毛穴となる為、毛穴の開きが目立つようになってしまう
ということです。
30代に入って選ぶ化粧品の成分で「セラミド」は重要な成分となります。
確かにヒアルロン酸やコラーゲンは肌の保湿成分として有名なのですが、
この2つは分子の大きさが大きい為皮膚の内部まで浸透する事が出来ません。
これに対し、セラミドは表皮の一番上の角質層に存在する成分。
角質層までなら肌に塗ってもしっかりと浸透出来る可能性があるのです。

 

 

肌をゴシゴシ洗うと保湿成分が減少する

洗顔をする時、洗顔後のタオルで顔を拭く時、「ゴシゴシ」と力強く手でこすって泡を落としたり、
タオルでこすって水分を取っていませんか?
特に顔の皮膚は薄いのでゴシゴシと肌を摩擦してしまう事で乾燥につながってしまいます。
洗顔する際は泡をしっかりと泡立てて泡を転がすようにして洗顔し、
洗顔後の水分を拭き取る際はタオルを顔に押し当てて水分を吸収させるようにすると良いです。

 

カオ

30代を過ぎると女性の肌は乾燥が進んでいきます。肌が乾燥した状態が続くと、目尻に小ジワができたり、シミやくすみの原因になったりします。

つまりシミ、くすみ、シワといった肌老化は乾燥が原因で起こってしまうのです。

 

そのため肌の乾燥を改善すればアンチエイジングにつながり、いつまでも20代のような若々しい肌質を維持することができるのです。

 

カオ

 

30代は活性酸素が増加する

20代の肌は際立ったスキンケアを行っていなくても肌のハリ、ツヤは保たれており健康的な状態を維持しやすい場合が多いです。

 

しかし年齢を重ねると、体内では活性酸素が発生しやすくなります。この活性酸素は、肌細胞を酸化させて錆びた状態にしてしまい、肌機能そのものを低下させてしまうのです。

 

活性酸素の発生を抑えることができれば、乾燥も予防でき、シワ、シミ、くすみなどもできにくくなると言われています。

 

30代の乾燥肌対策におすすめの化粧水とは?

30代の肌は活性酸素や乾燥によって肌トラブルが起こりやすくなります。

 

シワやシミ、たるみをなくすためにも乾燥を防がなくてはならないでしょう。乾燥予防に高い効果を得られるのは化粧水の使用です。

 

30代におすすめの化粧水はヒアルロン酸など高い保湿効果を持った成分を含んだものになります。

 

肌の水分をしっかりと維持することができなければ、すぐに肌は乾燥した状態に戻ってしまいます。ヒアルロン酸は1グラムで6リットルもの水分を吸水する働きがありますので、保湿効果に優れた成分と言えるでしょう

 

気を付けるべき3つの事

洗顔の方法やケアの方法に気を使うのはもちろんですが、
日常生活で3つの事を心がける事で乾燥肌を予防する事が出来ます。

 

その1:たっぷりと睡眠を取る
「睡眠不足は肌の天敵」とよく昔から言いますがこれはきちんとした理由があります。
眠っている間は成長ホルモンが分泌されるので肌が活性化されます。
睡眠不足になると肌の状態が悪くなるだけでなく、新たに作られる保湿力も低下してしまいます。
大切なのは多く睡眠時間を確保するのではなく
「質の良い睡眠を取る事」がポイントです。
睡眠サイクルの最初3時間が成長ホルモンの分泌が集中されるので、
睡眠前のスマホやPC、テレビを控えたり就寝前に深く深呼吸しながらストレッチをしたり、
照明を間接照明にしてみたりと質の良い睡眠を心掛けるといいでしょう。

 

その2:日焼けなどの肌の負担を減らす
乾燥肌の方は肌のバリア機能が弱くなっている為、紫外線を防ぐ力が弱まりダメージを強く受けてしまいます。
肌が乾燥していれば黒く日焼けしやすい人は黒い肌になり、
赤くなりやすい人は強い炎症のある日焼けを起こしてしまいます。
「日焼けに十分気を付けてこまめに日焼け止めを塗る事」や「帽子や服で物理的に紫外線を防ぐ事」がポイントです。

 

その3:ストレスを溜めない
ストレスは活性酸素を発生させる原因の1つです。
精神的なストレスは血管を収縮させ、血行が悪くなり体内に活性酸素を発生させます。
肌の内部に活性酸素が増えると肌細胞は老化して乾燥だけでなく肌荒れも起こしてしまいます。
ストレスを溜めない事は難しい事かもしれませんが
自分なりのリフレッシュ方法を見つけていくと良いです。
アクティブな方はスポーツや旅行へ行って日常生活からかけ離れた体験をしてみたり、
インドアの方は好きなDVDを見たり、アロマオイルでリフレッシュする事も良いと思います。

 

 

アラサーの乾燥肌には酵母と乳酸菌の力でうるおい肌に(*´∀`*)

30代に人気のおすすめ化粧水

価格 内容量
1,080円(税込・送料無料) 1週間分

 

プモアにはモッチリ肌になるうるおい成分の浸透型のコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸が配合されています♪♪

 

しかも全ての成分はナノ化されているので肌の奥へとグングン入りこんで皮膚の内側からキレイを作り上げます。

 

1,000円で1週間試せるので肌に合うか試してから、自分に合えばいいと思います。

 

 

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿

関連ページ

20代の乾燥肌対策
20代の乾燥肌対策 若いから夜更かしをしたり、ケアを怠ると肌はすぐに乾燥します。セラミドがたっぷり入った化粧水でしっかりと乾燥肌対策をしましょう。
40代の乾燥肌対策
40代の方にオススメの化粧水を紹介します。ハリや弾力が失われる40代にはコラーゲンやエラスチンの生産量をアップさせる必要があります。
50代の乾燥肌対策!
50代の乾燥肌対策!紫外線や日焼けが原因で肌のツヤやハリが失われてしまいます。またシミの原因ともなります。コラーゲン、エラスチン、ビタミンC誘導体など配合されている化粧水をオススメします。