50代 乾燥肌

 

今からでも遅くない乾燥、アンチエイジング対策

50代になると、女性ホルモンの分泌はほとんどなくなってしまいます。そのため女性ホルモンの分泌によって生成されていたエラスチンやコラーゲンなど肌の弾力成分が不足した状態になります。また肌の弾力だけではなく、水分保持能力も低下してしまうため、乾燥はさらに進んでしまうのです。今まで以上にスキンケアに気を使わなければいけなくなる50代の乾燥肌対策は何をしたらよいのでしょうか?今からでも遅くない乾燥、アンチエイジング対策について考えてみましょう。

 

皮膚細胞の成長が遅くなる50代の肌

50代では保湿機能の衰えにより乾燥しやすくなるだけではなく、コラーゲンの減少による肌のたるみやシワも出てきます。さらに体内での活性酸素の増加に伴う皮膚細胞の成長力の低下も起こります。つまり皮膚細胞のターンオーバーサイクルが遅くなることで、いつまでも古い角質が残り、くすみやシミにつながってしまうのです。

 

紫外線による影響も強く受ける

また50代の肌はバリア機能も低下してしまっているので、太陽の光を浴びてしまうとすぐに紫外線によるダメージを受けてしまうでしょう。紫外線を浴びてしまうと肌老化はさらに進行してしまうので、外出時はいつも以上に日焼け対策を行わなければなりません。紫外線は体内での活性酸素を増やしたり、コラーゲンやエラスチンなどの弾力成分を破壊したりしてしまうので、肌のツヤやハリが失われてしまうのです。

 

50代におすすめの化粧水とは?

50代の肌には乾燥対策を行ってあげることが重要になります。乾燥対策としてポイントになるのが、保湿因子の摂取です。この保湿因子とは、天然保湿因子、角質細胞間脂質、皮脂膜があります。これらの保湿因子を含んだ化粧水を使用すれば、肌に水分を保持し、バリア機能を高められるのです。保湿因子成分としてはセラミドやヒアルロン酸などがあります。また不足したコラーゲンやエラスチンも化粧水から取り入れるとよいでしょう。シミ対策としては美白効果のあるCVアルギネートやビタミンC誘導体などの成分が配合されているものを選びましょう。

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿

関連ページ

20代の乾燥肌対策
20代の乾燥肌対策 若いから夜更かしをしたり、ケアを怠ると肌はすぐに乾燥します。セラミドがたっぷり入った化粧水でしっかりと乾燥肌対策をしましょう。
30代の乾燥肌対策!
30代の人にオススメの乾燥肌対策を紹介します。シワやシミ、たるみを無くす為にも乾燥肌を治す必要があります。
40代の乾燥肌対策
40代の方にオススメの化粧水を紹介します。ハリや弾力が失われる40代にはコラーゲンやエラスチンの生産量をアップさせる必要があります。