化粧水の効果的なつけ方

 

化粧水の効果的なつけ方

化粧水の効果的なつけかた

 

化粧水のつけ方次第で肌への効果は劇的に変わります。どんなに良い化粧水を使っても効果が半減すれば意味がありません。しっかりとポイントを押さえ化粧水の力を存分に発揮させましょう!!

洗顔後すぐにつける

なんといっても洗顔後すぐに化粧水をつけることが重要です。洗顔後は汚れを清潔にし、肌がもっとも無防備な状態になっています。洗顔後、時間を空けてしまうと無防備な肌に細菌や汚れが付く可能性があります。できるだけ早く化粧水をつけ肌にバリアーを張ってあげましょう!

肌が乾燥状態にあります

洗顔後は肌の皮脂が落ちているので、顔にほとんど皮脂のバリアーが無い状態になっています。つまり肌が普段よりも乾燥しているのです。しっとり系の化粧水を使いすぐに保湿を行いましょう。少しでも乾燥状態を続けるとニキビができやすくなります。

コットンを使って化粧水をつける

化粧水をつける時、コットン派と手塗り派にわかれると思います。おススメはコットンを使用することです。コットンの方が水分を吸収するのでたっぷりと肌に触れることができます。さらにコットンだと擦らない限り肌に刺激を与える事はありません。ゆっくりと肌に馴染ませる感じでつけると良いでしょう。ば手塗りの方はコットンに比べやはり刺激があります。特に手でつける方はパッティングをしたり、強い力で擦る方がかなり多く化粧水をつけているのに、同時に肌を傷つけているのです。どうしてもコットンは苦手・面倒くさいという方は手に出した化粧水を塗るというより肌に染み込ませる様につけるとよいでしょう。また化粧水を体温で温めると良いでしょう。冷た過ぎても、温か過ぎても肌にはあまり良く無いので気をつけましょう。

 

ワンポイントアドバイス

化粧水のつけ方ですが、一度に大量の化粧水を使用するのではなく、少量を細かくつけることが効果的です。理想は部位ごとにつけては肌に浸透させていくというやり方です。一回で使用すると目元や小鼻など凹凸のある部分についていない事があるからです。
順番として目元や口元など、まず乾燥しやすい場所から始めます。つけるのも、上からそーと押し当て染み込ませるイメージでにつけると、肌へ摩擦はかなり減るでしょう。肌はそれだけデリケートなのです。きちんと意識して肌を扱うことも大切ですね。

 

関連ページ

化粧水のつけ方。手とコットンはどっちがいいの?
化粧水の注意点
上手な化粧水のつけ方と絶対にしてはいけないつけ方。
乾燥肌にオススメの化粧水ランキング

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿