洗顔終了後から化粧水までの時間はなるべく短くしよう

 

洗顔終了後から化粧水までの時間は1分が理想

洗顔後の化粧水までの時間

 

洗顔をしてせっかく綺麗になった肌も、そのまま放置してしまうと、角質層から水分がどんどん蒸発していき乾燥した状態になってしまいます。乾燥肌になると、肌荒れを起こしやすくなり、美肌を維持することが難しくなるでしょう。そこで洗顔をした後は必ず化粧水を付けるようにします。また洗顔後はできるだけ素早く化粧水をつけるのが望ましいとされているのです。今回は、なぜ洗顔後素早く付ける必要があるのか?その理由についてお話します。

 

洗顔後時間がたつと、化粧水の浸透率が悪くなる?

洗顔後そのまま放置する時間が長いと、肌は潤いを失いどんどん乾燥してしまいます。洗顔後時間がたってから化粧水を付けても、洗顔直後に付けた時と比べると化粧水の浸透率は悪くなっていくのです。化粧水の浸透が悪くなると、たくさんの栄養分が含まれている化粧水が肌の奥深くまで行き届かなくなるので、保湿効果を期待することはできなくなってしまいます。洗顔後は忘れずに化粧水を素早く付けるようにしましょう。

 

洗顔後1分以内に、化粧水を付け始めよう

洗顔後すぐに化粧水をつけた方がよい!とは良く聞くけど、実際どれくらいでつければよいの?と疑問に思った人もいるでしょう。その答えは1分以内と言われています。洗顔直後は皮脂が全くない状態になっているのであっという間に乾燥が進みます。そのため洗顔をしてから1分以内には化粧水を付け始めるのがよいのです。肌の水分が逃げないうちに、化粧水や乳液をつけると、しっかりと保湿を行うことができるでしょう。洗顔直後の1分はあっという間に過ぎてしまいますので、化粧水のキャップを早く開けるなど、素早く化粧水をつけるように心がけましょう。
また肌が濡れている間は、化粧水を付けてはいけません。タオルで余分な水分を拭いた後に付けるようにするのがベストでしょう。

 

パッティングは肌への負担が強いのでNG

洗顔後素早く化粧水を付けなければ!と気持ちが焦ってしまい、パッティングをしてしまう人がいますが、これは間違いです。焦ってパッティングをしてしまうと、かえって肌に負担をかけてしまうでしょう。パッティングは肌を叩く行為になりますので、敏感肌の人には刺激が強すぎますし、肌が赤くなってしまうことも。化粧水を付ける際には、手で優しく包み込むように付けるとよいですよ。

 

関連ページ

化粧水のつけ方。手とコットンはどっちがいいの?

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿