乾燥肌 ヒフミド

 

ヒフミドの詳細

ヒフミド
ヒフミドは小林製薬の通信販売から発売される乾燥肌用スキンケアシリーズになります。特徴としてはヒト型セラミドが配合されているので、非常に高い保湿力があり、乾燥に悩む人におすすめのスキンケアになるでしょう。使用すれば、肌にハリや弾力がよみがえり、若々しさがあふれてくると言われています。

 

セラミドの役割とは?

セラミドは皮膚の一番外側にある角質層に存在する細胞間脂質になります。角質層は0.02oと非常に薄く、肌を守るためのバリア機能を持っています。バリア機能に重要なのがセラミドなのです。セラミドは角質細胞間をつなぎとめて、潤いを保持することができるので、肌に弾力が生まれ、紫外線などの外的ダメージや刺激から肌を守ることができるでしょう。

 

加齢と共にセラミドは減少する

肌に存在するセラミドは、年齢とともに減少していき、50代の頃には20代の頃に比べると約半分にまで減少すると言われています。また加齢だけではなく、不規則な生活や紫外線、ストレスなどによっても減少することが分かっています。セラミドが不足した肌は細胞間に隙間が生じて乾燥が進み、たるみやシワ、シミ、くすみといた肌老化につながってしまうのです。つまりセラミドは美しい肌を維持するためには必要不可欠な成分なのです。

 

ヒフミドではヒト型セラミドを配合しているので効果が違う

年齢と共に減少したセラミドを補給するにはスキンケア商品に頼るのが一番でしょう。そこでおすすめなのがヒフミドです。ヒフミドは、人の肌に存在するセラミドと同じ構造をしたヒト型セラミドを配合しています。セラミドが配合された化粧品は多いのですが、類似したセラミドが多く、ヒト型セラミドが高濃度で配合されている商品は少ないため、思ったほどの効果が期待できないものも多いのです。しかしヒフミドはI型、U型、V型の3つのヒト型セラミドを4%配合しているので高い効果が期待できるでしょう。

 

それぞれのセラミドの役割とは?

T型セラミドは、柔軟性のあるすべすべの肌になり、水分保持機能に優れています。U型のセラミドは、皮膚に存在するセラミドの中で21%を占めているので、バリア機能が強いです。保湿効果も高いので、弾力あるツヤ肌へと導いてくれるでしょう。セラミドV型は、U型と同じく保湿効果に優れていると言われています。ヒト型セラミドは肌への浸透力が高く、すぐになじんで水分をキープできるでしょう。

 

<関連ページ>
ヒフミドの体験レビューを見る

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿