乾燥肌 かゆい

 

乾燥のかゆみを抑える方法

乾燥肌 かゆみ

 

寒くなると肌の乾燥が気になります。乾燥をそのまま放置してしまうと、粉吹き状態になったり、かかとや膝などはひび割れてカサカサの状態になってしまったりすることもあるでしょう。また肌が乾燥するだけでなく、かゆくなった経験はありませんか?私も乾燥肌で悩んでいた時は肌がかゆくてどうしようもありませんでした。あのかゆさは乾燥肌を体験した人にしかわからないでしょう。私の場合はアトピーもあったのでさらにかゆさがありました。

 

乾燥するとどうしてかゆみが生じるの?

寒くなって乾燥がひどくなると、顔、足、腕、背中がかゆいと感じる人が多いようです。肌には、外敵から身を守るためのバリア機能が備わっています。肌においてバリア機能を持っているのは皮脂膜になるのです。この皮脂膜は汗と皮脂でできた天然のクリームであり、肌の表面を覆うことで、バリア機能を高めることができると言われています。バリア機能があれば、外部の刺激からも肌をしっかりと守ってくれるのです。しかし乾燥がひどくなると、皮脂膜が上手く作られなくなり、肌のバリア機能が低下します。バリア機能が低下してしまうと、外的からのわずかな刺激でも、敏感に反応するようになりかゆみが生じてしまうのです。

 

なぜバリア機能は低下するの?

肌のバリア機能が、低下してしまう理由はいくつかありますが、特に季節的なものが大きいと言われています。外気の温度が低くなってしまうと、肌細胞の生成能力も低下させてしまいます。そのため細胞が十分に作られなくなり、水分保持力が低下します。すると皮脂膜も上手く生成されなくなるので、バリア機能が低下してしまうのです。

 

乾燥肌のかゆみを抑える方法

肌がかゆいと感じた時にはまずは保湿を心がけよう

乾燥によるかゆみを抑える方法として最も効果的なのが保湿です。かゆみは乾燥からきているのですから、乾燥をなくしてあげることでかゆみを軽減できるのです。保湿の方法としては、保湿クリームやボディーローションなどで、肌の葉面に皮脂膜を作ってあげ、十分に保湿するのがおすすめです。
かゆみが生じた時に、保湿よりもまずはかゆみ止めを塗るという人がいますが、これではあまり意味がありません。原因を解決しないとかゆみはいつまでたっても治まりませんので、かゆみ止めを塗るのであれば、まずは保湿をしっかりと行った方がよいでしょう。保湿を行えば、かゆみ予防だけでなく、乾燥肌予防にもつながりますのでかゆみの根本から改善することができるのです。

 

部屋の乾燥予防のために加湿器を設置

冬場は特に、エアコンを使用する機会が増えますので、部屋中がカラカラに乾燥してしまいます。そこで部屋の乾燥予防のために、加湿器でたっぷりと水分を補ってあげるようにしましょう。乾燥状態が続くと、肌がボロボロになるだけでなく、免疫力も低下し、ウイルスや細菌などに感染しやすくなるでしょう。

 

サイト管理妊がオススメする乾燥肌用化粧水をチェックする

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿