乾燥肌に化粧水は使ってはいけない

 

乾燥肌に化粧水は使ってはいけないは間違い

最近、雑誌やテレビなどで特集されているのが、『化粧水をつけない美容法』です。これは洗顔後に化粧水を付けない方が美肌になれるという考え方です。この美容法は本当に正しいのでしょうか?それとも間違っているのでしょうか?

 

化粧水をつけると肌は乾燥してしまうは嘘?!

『化粧水をつけない美容法』では、化粧水を使ってはいけないと主張する理由がいくつかあります。まず、化粧水を付けることで肌の水分が一緒に蒸発するという考え方です。つまり化粧水をつけると乾燥がひどくなると考えているのです。乾燥肌の人でも、化粧水で保湿を行うのは間違っているという主張になります。
これは本当でしょうか?しっかりと保湿を行えば、水分が過剰に蒸発していくということは考えにくく、化粧水をつけたからといって肌が乾燥するというのは間違いでしょう。
水分を補給しても、そのまま蒸発してしまうと意味がありませんが、保水力のある成分が配合されている場合には肌へ水分が保持されるので、乾燥を予防できるでしょう。

 

化粧水は肌本来の力を低下させてしまうの?

化粧水をつけると肌本来の力を低下させてしまうため、使用しない方がいいという考え方がありますが、これも間違いです。たくさんの栄養成分を与えると、肌に元々備わっている再生機能の力が弱まると言われています。しかし最近では昔に比べて食生活ががらりと変化し、人が本来持っている抵抗力が昔の人に比べると格段に落ちています。その抵抗力の低下を補うために化粧水を使っていますので、肌本来の力をアップさせることができるでしょう

 

乾燥肌は外部からの菌の侵入を防ぐために乾燥しているのか?

化粧水の使用はよくないと考える人にとって、化粧水をつけることは肌に毒を塗るようなものだと表現する人もいます。しかしこれは間違った考えであり、保湿効果や美白効果など肌によいとされる成分がたくさん配合されているのですから、毒になるわけがありません。
また乾燥肌は外部から菌が侵入してくるのを防ぐために乾燥しているという考え方もあるのですが、これも偏った考え方と言えるでしょう。乾燥すれば菌の侵入を防げるということはありませんし、むしろ乾燥で肌がかゆくなると、かきむしって傷をつけてしまうかもしれません。乾燥肌の痒みは本人にしかわかりません。普通肌の人が思っている以上に痒く、耐えるのがつらいのです。肌に傷がつくと菌はそこから侵入してしまうでしょう。外部からの菌の侵入を防ぎたいのであれば、化粧水や保湿クリームなどを使用して、しっかりと保湿ケアをしてあげることが重要になります。

 

管理人オススメの乾燥肌 化粧水ランキングをチェックする

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿