化粧水 つけ方

 

上手な化粧水のつけ方とやってはいけない方法

スキンケアで保湿といえば、化粧水です。スキンケアに興味がない人でも、化粧水だけはつけるという人も多いのではないでしょうか?定番の化粧水ですが、意外と正しいつけ方を知らない人が多いんですよね。正しいつけ方を知っておかなければ、化粧水の効果は半減してしまうと言われています。今回は美肌になるために、化粧水の上手な付け方の手順とやってはいけないつけ方についてお話しましょう。

 

正しい化粧水のつけ方とは??

まず洗顔後、時間が経過してしまうと、肌の水分はどんどん蒸発してしまい、乾燥につながります。すると化粧水の肌への浸透率も低くなってしまい、せっかく化粧水をつけたとしてもきちんと効果が得られない可能性があるのです。そこで化粧水をつける時には、洗顔後すぐにつけるようにしましょう。

 

また化粧水の量に関してはどれくらいつけたらよいの?と疑問に感じている人も多いです。化粧水のつける量の目安は、製品ごとによって多少異なりますが、説明に書かれている表記を参考に、100円玉や500円玉程度取るとよいでしょう。一度につけるよりも、目安の量を少しずつ2〜3回程度に分けて使った方がより浸透率は高くなります。

 

化粧水は手でつけた方が肌への負担が少ない

化粧水は、コットンを使用するタイプの人と、手で付けるタイプの人がいます。どちらもメリット、デメリットがありますが、手でつけた方がコットンでの刺激は少ないでしょう。しかし化粧水が手に浸透してしまうと、肌にまんべんなくきちんと行き渡らなくなり、均一につけられない可能性もあると言われています。

 

化粧水を手でつける場合は、手のひら全体に化粧水を広げて手で顔を覆うようにまんべんなく肌になじませてきましょう。肌に浸透したなと感じたら、もう一度化粧水を追加して付けていきます。次は、眉間や小鼻など細かい部分にも、しっかりと化粧水が浸透するように、指の腹などを使って押さえていくと効果的です。

 

やってはいけない化粧水の付け方その1:手で化粧水をパッティングする

化粧水を手でパタパタ叩いて染み込ませようとするパッティングを行う人がいますが、この行為は肌にとって大きな刺激になると言われています。特に敏感な肌に行うと、肌を叩くことで毛細血管が傷つけられたり、擦られたりするので、肌に赤みが出てしまうこともあるのです。

 

やってはいけない化粧水の付け方その2:コットンはごわつくものを使ってはNG

安いコットンは、すぐに繊維がごわついてしまったり、固い繊維が混入していたりするため、肌に繊維の刺激が加わる可能性があります。小さい繊維質は肌に付着したままになると、チクチクしたり、摩擦を感じたりするでしょう。コットンが少しでも固いなと感じた場合には、コットンの使用を避け、手で化粧水を付けるようにしましょう。

 

関連ページ

化粧水の効果的なつけ方
化粧水の注意点
化粧水のつけ方。手とコットンはどっちがいいの?
乾燥肌にオススメの化粧水ランキング

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿