化粧水のつけ方 手とコットン

 

化粧水のつけ方 手とコットンはどっちがいいの??

手とコットンどっちがいい

化粧水は毎日のスキンケアにおいて、欠かせないアイテムです。洗顔後は必ず化粧水をつけることが、習慣となっている女性がほとんどでしょう。その際に気になるのが化粧水はコットンを使ってつけた方がいいのか、それとも手でつけた方がいいのか?ということです。

 

今回は、コットン、手で化粧水をそれぞれつけた場合のメリット、デメリットについて考えてみましょう。

 

手でつける派のメリット、デメリットとは?

手コットン

手でつけるメリット

・肌への刺激が少ない
・重ねづけが容易
・細部までつけれる
・しっとり感が実感できる

・肌への刺激が少ない
手で化粧水をつけると、コットンを使用していないので肌への刺激を、極力抑えることができると言われています。つまり敏感肌の人には手で化粧水をつけた方が向いているのです。

 

・重ねづけが容易
手でつけると重ねづけやしやすく、ちょっと付け足りないと思ったらすぐにまた化粧水を付け足すことができます。

 

・細部までつけれる
鼻の下や眉間など細かい部分までしっかりと化粧水を浸透させることができる。コットンでは微妙に当たらない部分でもしっかりとつけることができます。

 

・しっとり感が実感できる
手でつけた方が、肌がしっとりしているかどうかをきちんと確認できるという利点もあります。
とくに乾燥肌用の化粧水はしっとり感が感じられるだけでその化粧水を使ってみようという意気込みが増します。
コットン派の人でも最初は手で付けて実際に肌がプルプルする感じを楽しめばきっと毎日のお風呂上がりや朝の洗顔後が楽しくなると思いますよ。

 

手でつけるデメリット

・コットンに比べて使い過ぎる場合がある
・手の平からこぼれやすい

 

・コットンに比べて使い過ぎる場合がある
化粧水が手に浸透してしまうため、化粧水の量を使いすぎてしまうことも。また細部にこだわり過ぎてついつい普段以上に使ってしまうこともあるかもしれません。ただ手に化粧水が浸透するということは手の状態が良くなり、保湿されるので綺麗な手を維持できます。
一概にデメリットにはならないかも。。。

 

・手の平からこぼれやすい
手だと化粧水がこぼれやすく、高価な化粧水の場合もったいないという気持ちになることもあるでしょう。

 

コットンでつける派のメリット、デメリットとは?

手コットン

コットンでつけるメリット

・パッティングしやすい
・たくさんつけた感じがある
・顔以外の他の部位にも簡単につかいませる

・パッティングしやすい
パッティングしやすく効率的に顔につけることができる。(パッティングには注意してください。肌を傷める可能性があります。私は絶対におすすめしません。
詳しくはコチラのページ:上手な化粧水のつけ方と絶対にしてはいけないつけ方

 

・たくさんつけた感じがある
少ない量でもたくさんつけた感じがあります。ただしコットンで肌をこすったりすることはやめましょう。

 

・顔以外の他の部位にも簡単に使いまわせる
たコットンを膝や肘など乾燥している部位に使いまわすこともできるのです。あまったコットンで踵や乾燥しやすい部分に塗る事もできます。

 

コットンでつけるデメリット

・コットンで肌が荒れる
・細かい部分には不向き
・コットンに染みこんだ分がもったいない

・コットンで肌が荒れる
肌の弱い人の場合、コットンがけばだつとそれだけで刺激になってしまうケースもあります。敏感肌、アトピー、アレルギー持ちの人は少し気をつけましょう。

 

・細かい部分には不向き
全体部分はなじませやすいですが、細かい部分には不向きでしょう。塗れない部分にこだわって化粧水がいっぱい使うはめになるかもしれませんね。

 

化粧水は手で付けた方が、効果的?!

化粧水はコットンでつける場合も、手でつける場合も、どちらにも良い点、悪い点があります。また人によって好き嫌いが分かれるでしょう。しかしどちらかというと、手で化粧水をつけることをおすすめしたいです。

 

パッティングをして付けた感じをだすのではなく、手に付けた化粧水を肌の奥に押し込むよう顔に手をそっとあて、10秒以上をその状態をキープするようなやり方を私はしています。

 

手でつけると、肌を実際に触り、今の自分の肌状態をしっかりと把握できますし、化粧水を肌の奥の奥まで送りこんでいる気分になれます。(笑)。

 

また肌が乾燥しているなと感じる場合には、化粧水をつける回数を調整できますし、スキンケアが行いやすくなるでしょう。
手の温もりで、肌への浸透率も高くなると言われています。

 

 

コットン

衛星

細かな部分

使用量

敏感肌の人

×

コスパ


どちらも一長一短ですが、どちらかと言えば手でつけることをおすすめします。
特に乾燥肌の人は肌自体が敏感になっている人が多くいます。
そこにコットンでつけると肌が荒れる可能性や化粧水をつけた時に痛みを感じる可能性もあります。
乾燥肌の対策としては乾燥肌に効果のある化粧水や化粧品を使い、肌の改善をすることが重要なので、その方法もできるだけ肌に優しい手の方がいいでしょう。

 

乾燥肌 化粧水

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿