手作り化粧水 作り方

 

手作り化粧水ってどう?化粧水の作り方レシピ

化粧水は市販のものを購入すると高くついてしまうので手作りして使用している人が増えています。今回は基本の化粧水の作り方レシピについてご紹介しましょう。

 

誰でも簡単にできる化粧水の作り方

今回ご紹介する手作り化粧水はとってもシンプルです。基本の化粧水の作り方を覚えておけば、そこにプラスして自分流のアレンジもできますし、おすすめです。

用意するもの

精製水100ml、グリセリン5 〜10ml、容器

作り方

1. 使用する容器を綺麗に洗い消毒を行う。

2. グリセリンを小さじで測る。しっとり感を出したい時にはグリセリンを多めに入れるとよいでしょう。

3. 精製水を測り容器に入れる。

4. グリセリンが溶けるまでよく振って混ぜる。

これだけで手作り化粧水は完成です。精製水はドラッグストアなどで500mlが100円程度で売っています。防腐剤が入っていないので、一度開封したものは早めに使い切るようにします。またグリセリンは化粧水用の植物性由来のものを使用します。このグリセリンも薬局などで簡単に手に入れることができるでしょう。濃度が高くなりすぎると、乾燥を招く恐れがあるので5〜10%が最もよいと言われています。

 

アレンジ次第で色々な手作り化粧水ができる

基本の化粧水の作り方を覚えておけば、そこに様々な成分をプラスすることでアレンジができます。例えばクエン酸を加えれば弱酸性の化粧水になりますし、エタノールなどのアルコールを加えればさっぱりした爽快感のある化粧水になります。値段的にも手作り化粧水であれば100ml100円程度で作ることができますのでコストパフォーマンスにも優れています。手作り化粧水は保存剤などが一切含まれていないので、冷蔵庫で保存しなるべく早く使い切る必要があります。だいたい2週間程度で使い切りましょう。

 

乾燥肌に悩む人は手作り化粧水では効果が期待できない?!

乾燥肌に悩む人は多く、肌に負担の少ないように余計なものが含まれていない手作り化粧水を使用する人がいます。しかし手作り化粧水の場合、保湿能力があまりないものが多く、乾燥肌化粧水のような高い保湿能力を得ることはできないでしょう。乾燥肌で悩む人はやはり乾燥肌専用の化粧水を購入した方が、肌にはよく、しっかりと保湿できます。

 

管理人オススメの乾燥肌 化粧水ランキングをチェックする

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿