乾燥肌 湿疹 治療方法

 

乾燥肌の方の湿疹(皮脂性欠乏性湿疹)の治療方法

乾燥肌になると肌のバリア機能が低下してしまうため様々なトラブルを起こしやすくなります。特によく見られるのが乾燥肌による皮脂欠乏性湿疹です。今回は皮脂欠乏性湿疹の治療方法についてご紹介します。

 

皮脂欠乏性湿疹って何なの?

まずは皮脂欠乏性湿疹について説明します。皮脂欠乏性湿疹は皮脂が不足して、皮膚表面のバリア機能がなくなり、角質がはがれてしまう症状を言います。皮膚表面が粉をふいたような状態になったり、ひび割れたりして、かゆみや痛みを伴います。健康な肌は弱酸性に保たれているのですが、皮脂欠乏性湿疹の肌はアルカリ性に傾いてしまうので細菌感染しやすくなってしまうのです。そのため衣服や髪が触れたり、ちょっとした刺激を受けたりしただけでも、かゆみが出たり、かぶれて赤くなったりしてしまうのです。

 

皮脂欠乏性湿疹の治療方法

皮脂欠乏性湿疹の一般的な治療方法としては保湿剤である外用薬の使用です。保湿剤は皮膚科で処方してもらうことができ、白色ワセリン、ケラチナミン、ヒルロイドなどの種類があります。赤みがひどく、炎症がある場合には軽いステロイド剤を使用する場合もあります。またかゆみがある時には内服薬として抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を服用する場合もあります。

 

皮脂欠乏性湿疹の予防対策法は?

皮脂欠乏性湿疹にならないためには肌のバリア機能を回復させてあげる必要があります。食器用洗剤などの刺激が強いものは、ゴム手袋を着用するなどなるべく肌に直接触れないように気を付けるようにします。また熱いお湯は皮脂を余分に洗い流してしまうので、ぬるま湯のお風呂やシャワーの方がよいでしょう。体を洗う時は肌をこすりすぎないようにすることも大切です。また皮膚に直接触れる肌着は、刺激の少ない肌さわりのよいものを選びましょう。居住空間の乾燥を防ぐ方法としては、エアコンの温度設定を上げすぎないようにしたり、加湿器を使用したりするとよいですね。できる限り肌に負担をかけないように保湿をしながら生活をしていくと皮脂欠乏性湿疹を予防できますよ。

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿