ボディーソープ 乾燥 改善

 

身体の乾燥 原因はボディーソープ??

冬場は肌が乾燥しやすくなる季節ですので、身体や顔の乾燥が気になるという人も増えてきます。しかし乾燥の原因は季節的なものだけではないのです。特に身体の乾燥は、ボディーソープが原因となっているケースが非常に多いんですよね。今回はなぜボディーソープが身体の乾燥につながるのか、その原因と対策方法をご紹介します。

 

ボディーソープが身体乾燥の原因?

身体のカサカサが気になるという人はボディクリームやオイルを塗って乾燥肌対策をする前に、乾燥してしまう原因を考えてみましょう。その原因の1つとして考えられるのがボディーソープです。ボディーソープは固形石鹸に比べると洗浄力が高く、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。余分な皮脂がなくなってしまうと、肌は乾燥して、かゆみ、炎症を起こしてしまうでしょう。ボディーソープには、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムと呼ばれる硫酸塩系の洗浄剤が含まれている場合が多いです。これららの成分は肌への刺激が強いため、乾燥しやすくなってしまいます。ボディクリームなどで乾燥肌対策をしても、根本的な乾燥の原因を取り除かなくては肌の状態はよくなりません。ボディーソープが肌の乾燥の原因になっている場合には今使っているものはすぐに使用をとりやめましょう。途中で使うのをやめるのはもったいないと感じるかもしれませんが、肌のことを考えるのであれば、早急に肌に優しいものを使うべきです。

 

乾燥が気になる肌にはどのようなボディーソープを選べばよい?

乾燥肌の人は、出来る限り低刺激なボディーソープか固形石鹸を使用するようにしましょう。低刺激なボディーソープは、通常配合されている硫酸塩系の洗浄成分ではなく、アミノ酸系の洗浄剤を使用している場合が多いです。アミノ酸系のボディーソープであれば、洗浄力はマイルドなので肌の余分な水分や油分を洗い流すことなく、キレイに汚れを落としてくれるでしょう。また固形石鹸は、ボディーソープに比べて余計な成分が含まれておらず、無添加のものが多いので安心して使用できますよ。

 

ボディーソープを使った場合の肌の洗い方のポイントとは?

いくらボディーソープを肌に優しいものに変えたとしても、洗い方が間違っていれば肌の乾燥は治りません。それくらい洗い方は重要なのです。まず最もやってはいけないのが、肌をタオルなどでゴシゴシと擦る洗い方です。ゴシゴシ洗ってしまうと、皮膚表面の皮脂が剥がれて肌を傷つけてしまいます。身体を洗う場合はしっかりと泡立てた泡でやさしく包み込むように洗います。乾燥がひどい場合には手で撫でるように洗うと、肌への負担を最小限に抑えられます。

 

関連ページ

頭皮の乾燥 改善方法ってあるの??
洗顔終了後から化粧水までの時間は1分が理想
お風呂上がりのケアで変わる乾燥肌
管理人オススメの乾燥肌用化粧水をチェックする

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿