乾燥肌 食事

 

乾燥肌を防ぐ食事 化粧水+食生活の見直しが重要

乾燥肌予防に効果のある食事

 

乾燥肌になりやすい食べ物というのは、特にありませんが、きちんとバランスよく食事を取れていないと乾燥肌になります。これは肌の潤いに必要な栄養素を食事からきちんと摂取できていないことが原因になります。
近年では、頻繁にダイエットをする女性が増えてきており、極端な食事制限や偏食をする人がいます。ダイエットをっていると、体に必要な栄養分をしっかりと摂取できていないため、肌は乾燥して肌荒れなどのトラブルを起こすケースが良く見られるのです。またインスタント食品やファーストフードなど、栄養バランスが悪く、ほとんど栄養素は含まれていない食事を続けていると、肌は乾燥してしまうでしょう。今回は、肌によいとされる成分を紹介していきましょう。

 

乾燥肌を防ぐにはビタミンは必須である

ビタミンが肌によいということはよく知られていますが、ビタミンと一言で言っても、たくさんの種類があります。どのビタミンが肌にどのような効果を与えてくれるのでしょうか?
まずは、ビタミンAです。ビタミンAは角質層に含まれる天然保湿因子の生成を促進して、皮膚の粘膜を正常な状態にしてくれます。ビタミンAが不足すると、角質層の天然保湿因子が低下してしまうので、必然的にカサカサの肌になってしまうでしょう。

 

ビタミンB 群は、肌細胞のターンオーバーサイクルの周期を正常に保つ働きがあります。ビタミンB 群が不足してしまうと、ターンオーバーサイクルは乱れてしまい、ニキビなどの肌荒れや乾燥につながってしまいます。ビタミンCは、コラーゲン生成促進効果があるため、肌にハリ、弾力を与えてくれるでしょう。
ビタミンを豊富に含む野菜や果物を多く摂取するのがおすすめです。お菓子などの間食をフルーツに置き換えると手軽に摂取できますね。

 

体内で合成できない必須脂肪酸は乾燥肌を防ぐ

脂質をたくさん摂取すると、体内に油分が増えるので、肌の乾燥を防ぐことができます。特に脂質の中でも、体内では合成することができない必須脂肪酸が重要であると言われています。必須脂肪酸は、細胞膜の原料ともなっており、不足してしまうと細胞が生まれ変わることができなくなるので、ターンオーバーが乱れてしまいます。特に必須脂肪酸の中でも、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸がよいとされています。3系は鮭、イワシ、さばなどの魚介類に多く含まれており、6系はベニバナ油、ゴマ油などの植物油に含まれています。

 

亜鉛不足は肌荒れの原因になる

ビタミンだけでなく、ミネラル類もバランス良く摂取することで乾燥を防ぐことができると言われています。特にミネラル類の中でも亜鉛は、肌や髪の毛などの健康を維持するのに重要な役割を持ちます。加工食品には、亜鉛を体外に排出してしまう添加物が多く含まれている場合がありますので、加工食品はあまりたくさん食べないようにしましょう。またお酒をたくさん飲む場合、肝臓でアルコールを分解します。この時に、たくさんの亜鉛を消費してしまうので、体内で亜鉛不足が起こり、肌の状態が悪くなってしまうことも。亜鉛を多く含む食事には、レバー、牛肉、牡蠣、チーズ、卵などがありますので、これらの食品を積極的に摂取するとよいでしょう。

 

化粧水でキレイになった肌を食生活で台無しにするのは本当にもったいない話です。
化粧水+食生活の見直しでニキビの無い&ニキビができにくい肌を目指しましょう。

 

管理人オススメの乾燥肌 化粧水ランキングをチェックする

私が気になる乾燥肌トラブル&対策ページ☆

乾燥肌化粧水用乾燥肌 乾燥肌化粧水用しわ・しみ 乾燥肌化粧水用敏感肌
乾燥肌化粧水用リフトアップ 乾燥肌化粧水用ニキビ 乾燥肌化粧水用高保湿